かぜくも掲示板

「地域で共に学び、共に生きる」情報を発信します

【小学部】豆まき会

R3.2.3 小学部豆まき会.pdf

 2月3日(水)、小学部では豆まき会がありました。例年ですと1年生から6年生まで全員が集まって学習の成果の披露や鬼退治などを行いますが、今年度は新型コロナウイルス感染症防止の観点から、各学年・各学級に分かれての活動となりました。

 教室に来た鬼に少し驚きながらも、「鬼は外!」「福は内!」と元気いっぱいに鬼を退治することができました。子どもたちが元気に過ごせる一年になることと思います。鬼を追い払った後の教室には、「やったー!」と喜んだり、晴れやかに笑ったりする子どもたちの姿がありました。

【中学部】2学年「食の交流」

中学部2学年食の交流.pdf

 中学部2学年では、一年を通して食について学んでいます。講師にシェフの北尾博水さんをお招きし、また、いわき平東ロータリークラブより3名のボランティアの方にも参加していただいて、12月11日(金)には味覚についての学習、12月18日(金)には調理活動を行いました。

 調理活動では、生徒が夏から丹精込めて育てた3種の野菜(トマト、かぼちゃ、さつまいも)を使い、トマトのピザ、かぼちゃのスープ、さつまいもプリンを作りました。生徒は、自分が育てた野菜ということもあり、やる気満々で臨む様子が見られ、グループの友達と協力し合いながら、楽しい雰囲気の中で調理を行いました。出来上がった3品は、それぞれの野菜の美味しさが引き立った出来栄えで、生徒は「トマトがたっぷり!」「かぼちゃが甘くて美味しい~!」などと感想を口にしたり、「私が作ったさつまいもプリンも美味しいから食べて!」と自分が担当した品を勧めたりと笑顔で食べていました。

 調理活動を通し、生徒たちは多くのことを学ぶ機会になったことを感じます。

【小学部】お楽しみ会

R2.12.11 小学部お楽しみ会.pdf

12月11日(金)、小学部のお楽しみ会がありました。

 はじめに6年生が、この日のために練習してきた「赤鼻のトナカイ」を鍵盤ハーモニカとタンバリンで演奏し、続いて5・6年生が素敵なダンスを披露しました。体育館に鈴の音が鳴り響くと、サンタクロースとトナカイが登場し、子どもたちは大盛り上がり!サンタさんとトナカイさんと一緒に、5・6年生が準備してきた遊びのコーナーで遊んだり、記念撮影をしたりして、充実した時間を過ごすことができました。

 お楽しみ会の最後には、サンタさんから一人一人プレゼントをもらい、子ども達の笑顔あふれる楽しいお楽しみ会となりました。

 

【高等部】2020フラガールズ甲子園オンライン・フェスティバル

R2.11.15 フラガールズ甲子園オンライン・フェスティバル.pdf

 11月15日(日)に、国内の高等学校・特別支援学校21校、ハワイの高校3校、計24校が参加して、「2020フラガールズ甲子園オンライン・フェスティバル」が開催されました。

 本校からは高等部フラダンスサークルの生徒8名が参加し、外部講師の清水先生のご指導のもと、これまで練習してきた「翼をください」と「ビニビニ」の2曲を披露しました。当日はテレビ会議システムを利用して、司会者とやりとりをしながら本校の活動の様子などを堂々と伝えることができました。

 生徒たちは、自分たちの演舞を発表する機会が得られ、また、オンラインでのフェスティバルとなったことで大変貴重な経験をすることができました。

 参加した生徒からは、「もっと素敵に踊れるようになりたい。」「来年はぜひアリオスのステージでお客様を前にして踊りたい。」という感想が聞かれました。

【小学部】3学年校外学習PART2 ~松ヶ岡公園でいっぱい体を動かしたよ~

R2.11.5 小学部3年校外学習2.pdf

 11月5日(木)に、公共の乗り物や公園での約束を守って遊ぶこと、先生の話を聞いて友だちや先生と一緒に行動することを目的に松ヶ岡公園に行ってきました。

 寒さの心配がありましたが、暖かな日差しのもと、子どもたちは約束を意識しながら、元気いっぱい体を動かすことができました。公園では、大きなアスレチックに臆することなく挑戦したり、好きな遊具で何度も遊んだりしていました。

 お昼はシートを敷いて、みんなで一緒にお弁当を食べました。

【高等部】後期産業現場等における実習~校外実習~

後期産業現場等における実習(校外実習).pdf

 11月2日(月)~11月13日(金)までの1学年は1週間、2・3学年は2週間一般企業、A型・B型福祉就労支援事業所、生活介護事業所に分かれて後期産業現場等における実習を実施しました。

 生徒たちは、学校を離れ、実際に職場で働いたり、事業所を利用したりする体験を通して、「一つ一つ確認しながら丁寧に作業することできるようになりたい」や「自分から報告することが難しかった」など自分自身の課題を明確にしたり、自己の進路へのイメージを膨らませたりすることができました。

 新型コロナウイルス感染症の影響がある中、快く実習を受け入れ、貴重な機会をいただきました実習先の皆様、本当にありがとうございました。